ケムトレイル陰謀論者の間で教祖的存在の“アレックス・ジョーンズ”
彼はこう主張します。
「飛行機雲はすぐに消えるが、ケムトレイルは長く残る!!!」
「永続する飛行機雲(ケムトレイル)は、1996年以前は存在しなかった!!!」
「永続する飛行機雲(ケムトレイル)は、20年前には存在しなかったじゃないか!!!」


し・か・し 
アレックス・ジョーンズの“そうであって欲しい”願望とは裏腹に、飛行機雲の現れ方は、昔も今も何も変わっていないのです。
アレックス・ジョーンズにとっての「不都合な真実」(笑)
では、下の動画をごゆっくりお楽しみください。


以下の写真は、上の動画の切り抜きです。
ケムトレイル陰謀論者は、ただの飛行機雲の写真をネット上にアップしては、ケムトレイル散布の証拠写真だと主張しますが、飛行機は大昔から今と変わらない、白い航跡を残すものであるという“証拠写真”です。

A.jpg

上段左から、1960年1950年、中段は1945年、下段は第二次大戦中の写真
おや?
ケムトレイル陰謀論者が「これはケムトレイル写真だ!」と言ってネット上にアップする写真と何ら変わらないではありませんか?
おかしいですね(笑)
ケムトレイルって、昔はなかったのではありませんか?


July7,1955

上の新聞の切り抜きは、1955年7月7日の記事。
持続する飛行機雲はしばらく空に留まる。飛行機雲は、終日消えないで空に留まる可能性がある・・・・
 
つまり、飛行機雲の出現は、昔も今も、なーんにも変わらないのです。


次の写真は、ケムトレイル陰謀論者が気象操作の結果出来たケムクラウドと言っている写真と、1905年に撮られた写真とを比べたものです。

B.jpg

なんとまあ、ケムクラウドと呼ばれる雲が、100年前から観測されているではありませんか。
気象操作で出来た雲? 
アレックス・ジョーンズの単なる妄想でしたね(笑)

アレックス・ジョーンズの手口・・・・それは、不安を煽って無知な人々を騙す、お決まりのテクニック。
 1.インターネットなどの媒体で、ほんのちょっとの真実を織り交ぜ、嘘八百のデマで不安を煽って信者を獲得
 2.講演会を開いたり、本を書いて売ったりすることで、金を集める

つまり、不安を過剰に煽って商売にする詐欺師の集金システムに、信者さんは利用されているだけ・・・・
と言えるでしょう。

まとめ
永続する飛行機雲は、昔から存在している
すぐに消えない飛行機雲はケムトレイル・・・・全くのデタラメ
気象操作によって出来たとされる怪しい雲は、100年前からある“雲の分類”の一つに過ぎない


にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト