上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが、ケムトレイル散布機の内部写真だと言われている画像です。(写真1)
ケム内部写真1

床に設置されている幾つものタンク。
ケムトレイル陰謀論者によると、この中にはアルミやバリウムなどの化学物質が充填されているのだそうだ。
この航空機は、ケムトレイル散布のために特別に改造された飛行機ですか?

答えは NO! です。


これは、ボーイング777の、テストフライトの写真です。
タンクの中身は、ただの水です。

そう、これはバラストタンクです。
テスト飛行のために、実際に乗客や貨物を積み込む訳にはいきませんね。
水ならば、重さの調節や移動が容易であることから、重量や配置を自在にシミュレートすることができます。

乗客、手荷物、貨物、ギャレー(厨房設備)、ラバトリー(トイレ)、緊急用装備一式、飲食物etc・・・・飛行機に積み込まなければいけない物は、想像以上に多いのです。
旅客機なのか、貨物機なのか、用途によっても変わります。

つまり、実際の営業運航時の積載でテストするために、水タンクを使っているのです。
想定される様々な条件下で、テストフライトは実施されます。
奥の方に見えるのは、データを取るための各種測定機材です。

この、テストフライトをクリアしなければ、FAAの認可が下りません。

こちらのサイト(写真2)で、大元の画像を見ることができます。
   ↑
 (ここをクリック) この画像がネット上に初めて載った「AIRLINERS.NET」のページへ飛びます

次は、ケムトレイル陰謀論肯定の、ある有名サイトから見つけた写真です。(写真3)
ケム内部写真2

文字に注目してください。
「Sprayer!!」
「Hazard Inside」


これらの文字は、大元の画像(写真2)にはありません。
後から書き加えたものだと分かります。

しかも、目を凝らして良く見ると、「Hazard Inside」ではなく、「HAZMAT・・・・・」ですね(笑)
 (HAZMAT とは 「危険物」を表す略号で、警告標識に用いられる)
読みやすくしたつもりが・・・・単語間違い(笑)

写真下部には、
「Lock care」
この部分の文字は、大元の画像(写真2)では、はっきりと読み取ることができます。

が、、、、「Lock care」とは書いてありませんね(笑)
写真2と写真3を、もう一度良く見比べてみてください。
実際に書いてあった文字は、「LOAD BANK」(負荷試験装置)です。

あきらかに、故意に、書き加え、書き換えられています。
誰が、何のために?


これは私の推測ですが、文字の改ざんをした人物は、多分、面白半分だったのでしょう。
しかし、陰謀論者の手に渡り、恐怖を煽るセンセーショナルな文章で、肉付けされたらどうなるでしょう?
そして、それを読んだ人が、その記事をコピーし・・・・

そう、伝言ゲームと同じです。
「ケムトレイル散布機の内部写真」として・・・ネット上で一人歩きを始めるのです。


結論・・・「ケムトレイル散布機の内部写真」はデマだった!

 【関連記事・参照】 ケムトレイル 散布機の内部写真はデマだった その2
             http://contrail951.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトケムトレイル内部写真はイタズラだった!

says... 管理人のみ閲覧できます

Date:2013/01/01 05:50

このコメントは管理人のみ閲覧できます

says... Re: どうもありがとうございました!

Date:2013/03/10 23:30

こちらこそ、当ブログにお越しくださり、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。