みなさん、こんにちは。
久しぶりの更新になります。

9月、函館→羽田行きの飛行機に乗った時のことです。
ついに、、、ついに私も見ることが出来ました!!!
飛行機から見たブロッケンの妖怪!
雲の上に、私が乗っている飛行機の影と、それを取り巻く幻想的な虹の輪が・・・・・
初めて見たので驚きとともに、とても感動しました。
本当にきれいでした。

残念ながら、写真におさめることはできなかったのですが・・・・・
その時見た光景をイラストにしました。
ブロッケン
実際よりも虹の輪を強調しすぎてしまいましたが、もう少し淡い感じです。(手書きですので・・・・)

時刻は夕方。
太陽は機体右側にあり、私が乗っていた座席は主翼の後ろ、黄色の丸で囲ったあたりです。
図解で示すと下のようになります。
ブロッケン2、

この現象が起こる条件は、まず、飛行機の下にスクリーンとなる雲があること。
そして、太陽が自分の座っている側ではなく、反対側から射し込んでいること。
太陽が真上にある昼ではなく、夕方や朝方がおすすめです。

晴天の日では、この現象を見ることはできません。
私が乗った飛行機ではガタガタ揺れがひどく、分厚い雲の合間を抜けていくような感じでした。

私は、ふと窓から雲を見下ろした時、偶然見ることが出来たのですが、時間にして1分もなかったと思います。
あわてて写真を撮ろうとして、カメラを構えたのですが、オートフォーカスになっていたため、シャッターが下りず・・・
このような撮影にはマニュアル設定でないとダメですね。
でも、しっかりと目に焼き付けました。


これを見た人は幸せになれる、と言われているそうです。

みなさん、ぜひ、雲の多い日(悪天候の日)に飛行機に乗って見て下さい。
そして、雲の層をじっくり観察してみてください。
ケムトレイル陰謀説がいかにバカバカしいか、はっきりと分かると思います。
運が良ければ、ブロッケン現象にも遭遇できるかもしれません。

下の写真は、あいにくブロッケン現象を撮り逃がした後、気を取り直して撮影したものです。
帰り

飛行機の上は青空ですが、下方は分厚い雲に覆われています。
雲の観察は、実は飛行機からが最適なのです。
上空で観察することによって、雲が層状に積み重なっている状態や、場所による雲の密度の違いを知ることができるからです。
地上からではこうはいきませんからね。

悪天候だと飛行機はガタガタ揺れますよね。
そう、上空にも風が吹いているのです。(あたりまえのことですが)
飛行機雲は全てがまっすぐ一直線だという思い込み・・・・これ、大間違いですからね(笑)

ということで、今回は、雲が厚く出ている悪天候の時、飛行機に乗ってみようという、私からの提案でした。

【参考】ブロッケン現象
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%B3%E7%8F%BE%E8%B1%A1

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト