上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は久しぶりに、「ケム散布機」の証拠といわれている写真の検証です。

g1-2.jpg

g1-3.jpg

上の怪しげなチューブ類は、ケムトレイルの散布口?

これも、答えは NO!です。

これは、大気のサンプリングをするために機体を改造した飛行機で、下の全体写真の赤で囲んだ部分を拡大したものが、一番目と二番目の写真になります。

g1-1.jpg

この機体は、ガルフストリームG-1のプロペラ機(双発ターボプロップ機)です。
米エネルギー省所管の国立研究所が、研究に使用しました。
レジ番(N701BN)で調べてみると、ブルックヘブン国立研究所(BNL)、パシフィックノースウエスト国立研究所(PNNL)の両方の研究所を管理運営するバテル記念研究所が、この機を所有しています。

おもな研究目的は、化石燃料の燃焼など人間の産業活動によって大気に排出される汚染物質を、上空で採取し、これらが気候変動に与えている影響を調査することでした。

〈参考資料〉 https://www.bnl.gov/bnlweb/pubaf/pr/docs/G-1_poster_7_1.pdf
         http://www.bnl.gov/discover/Spring_05/skies_1.asp (BNL)
         https://www.pnl.gov/science/highlights/highlight.asp?id=497 (PNNL)


写真のベンチュリ管やエアスクープ、複数の管の方向や形・大きさがそれぞれ違うのには訳があります。

まず、空気密度の薄い場所での採取という難しい条件に加え、飛行速度に吸引速度を合わせるといった技術的な面があります。
また、採取する対象物の大きさ、種類によって、材質、形状を変えなければなりません。
例えばオゾンを集めるとすると、配管は腐食が起きないテフロン製のモノを使う・・というように、適切に大気をサンプリングするということは、色々と難しいわけです。

採取して計測し終わった大気の排出口は、採取口とは逆向きになっています。


下は、この機体の内部写真ですが、このように計測機器やコンピューターで埋め尽くされています。
左側写真は後方、右側写真は前方を写したものです。

g1-7.jpg


以下のサイトに、航空機を使った大気サンプリングの採取口を集めた写真があります。
 http://www.eol.ucar.edu/homes/dcrogers/HIAPER/Inlets/
研究機関によって、様々な形状のものがあることが分かります。
 (上から3番目の欄に、ここで取り上げた写真が出ています)


民間旅客機を使った大気サンプリングの試み

今では、大気観測用の特別な機体ではなく、民間旅客機に採取、計測装置を取り付けて飛行する取り組みがはじまっています。
定期旅客便を利用すれば、幅広い領域を継続的に調査出来、コスト的にみても、一石二鳥となるからです。

ヨーロッパでは、ドイツのルフトハンザ航空の旅客機を利用して大気の計測をする、CARIBICというプロジェクトがあります。
〈CARIBIC詳細〉 http://www.caribic-atmospheric.com/
             (Info shortcuts:の“日の丸”をクリックすると日本語になります)


実は、日本でもやってるんです!
その名は、「CONTRAILプロジェクト」
〈詳細〉 http://www.jal.com/ja/environment/happyeco/contrail.html

JALのボーイング777-200ER型機 8機に、大気観測機器が搭載されています。
飛行機の胴体に「CONTRAIL」のロゴが入っている特別塗装機は、このプロジェクトの機体です。

contrail.jpg
〈写真出典 http://www.cger.nies.go.jp/contrail/photos.html 〉


機体の改造には、FAAと日本の航空局の承認が必要

さて、機体に新たに何かを設置する場合、追加する設備自体の承認及び、機内を改造するための承認が必要になります。
そしてさらに、営業運航に入る前にテスト飛行をして、試験をクリアしなければ認可が下りません。

上記の「CONTRAILプロジェクト」でも、承認を得るまでには苦労の連続だったそうです。
〈参考〉 http://www.nies.go.jp/kanko/kankyogi/51/04-09.html



というわけで、ケムトレイル陰謀論者の想像とは裏腹に、
旅客機を改造してケムトレイル散布に使う・・・・といったことは、絶対に無理、なのです。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト「ケムトレイル散布機の写真」の真偽 その6

says...

Date:2014/04/30 06:14

ついにスイッチを切り忘れたパイロットが現れたようですね。信じて正解でした。

says... 上のお二人さんへ

Date:2014/04/30 21:57

信じて正解? やはりケムトレイルは宗教ですか(笑)
http://contrail951.blog.fc2.com/blog-entry-45.html
 
ありえないほどバカバカしいデマでしたね

says... 承認待ちコメント

Date:2017/08/31 00:43

このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。