上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本版ウィキペディアによると、

Chem-Trail, (ケム・トレイル) という言葉は、
2004年にエイミー・ワージントンによって初めて使われた言葉で

(以下省略)
と定義されていますが、この記述は誤りです。


ケムトレイルという単語がはじめてネット上に現われたのは、1999年です。

そして、「ケムトレイル陰謀論」を世に知らしめるきっかけとなった重要な人物が、ウィリアム・トーマスです。


ウィリアム・トーマスは、
米国出身の、60年代中頃から活動している、反戦活動家として知られるジャーナリストです。
1970年に米国を離れ、カナダに政治亡命しました。
湾岸戦争時の取材は各国のニュースで取り上げられ、1991年には米国環境フェスティバル賞を受賞しています。著書も何冊かあり、日本では、携帯電話の危険性を訴えた記事が有名で、翻訳、引用しているブロガーもいました。


そして、何と言っても、、、彼を最も有名にしたのは、後にケムトレイルと名付けられた、化学物質を含むと危惧されていた飛行機雲説を発表したことです。


時代は、90年代末というまさに千年代の終わり。
白人至上主義のキリスト教団体や陰謀論者が、さかんに終末論を煽っていた時期です。
「ユダヤによる人口削減計画」や「第三次世界大戦」を本当に信じていた人が少なからず存在した時代でした。


当初問題にされていたのは、軍用ジェット燃料JP-8に含まれるとされる、有毒なニ臭化エチレン(EDB)でした。
それまで使われていたJP-4から、JP-8に完全に切り替わったのが、1996年秋。
 (JP-8は、JP-4よりも、安全性、不燃性に優れている、軍用機専用のジェット燃料)
JP-8は、添加剤として有毒なニ臭化エチレン(EDB)を含有している、と言われ、発癌性や環境汚染を懸念する声があがっていました。


アメリカの陰謀論者は、連邦政府に対する根強い反感が根底にあります。
新世界秩序(New World Order)に既に支配されている連邦政府は、アメリカ国民を抑圧し、人口を削減しようとしている、という説も、反連邦主義が生んだ陰謀論なのです。
また、アメリカこそが聖書に書かれている約束の地であり、ミレニアム到来の前に、ハルマゲドンは避けられないと説く、キリスト教原理主義の白人至上主義を掲げる団体の活動も活発でした。
曰く、湾岸戦争の報復として、生物兵器によるテロが迫っている、、、

それを裏付ける説として考え出されたのが、なかなか消えない飛行機雲を毒雲だとみなす説でした。
連邦政府の軍隊が、国民を殺そうとしている・・・・・
そして、これがJP-8と結び付いたのです。

ただし、実際の所は、JP-8には、ニ臭化エチレン(EDB)は含まれていません
ジェット燃料には鉛成分が含まれていないので、JP-8だけでなく、他のいかなるジェット燃料にも、EDBは含まれていません。
(ニ臭化エチレンは、有鉛ガソリンのアンチノック剤として添加されています)

しかし、当時、この説を煽っていた団体は、ジェット燃料にはニ臭化エチレンが含まれていないにもかかわらず、検査の結果、JP-8にニ臭化エチレンが含まれていた、と発表し、インターネット陰謀論コミュニティーサイトで噂が広まりました。


このように、初期のケムトレイル陰謀論は、JP-8に含有するとされた有害化学物質(EDB)の追求であり、文字通り、ケミカルな飛行機雲・・・・のことだったのです。

ちなみに、土壌サンプルからニ臭化エチレンが見つかっていますが、これは、かつて色々な所で使われていたからです。
1920年代から1980年代まで、有鉛ガソリンのアンチノック剤として世界中で使われていました。
農業分野では、収穫後のポストハーベストや農薬として・・・・・
1983年に使用が禁止されてからも、シロアリの燻蒸剤などで、一部使用されています。


この頃までは、「ケムトレイル陰謀論」は、一部の陰謀論者によって騒がれている程度の陰謀説でした。


1999年ウイリアム・トーマスは、
Contrails: Poison From the Sky」(飛行機雲:空からの毒)と、
Mystery Contrails May Be Modifying Weather」(謎の飛行機雲は、天気を修正しているかもしれない)
という、2つの記事を発表しました。
 http://www.netowne.com/environmental/contrails/willthomas/contrails.htm
 http://www.rense.com/earthchanges/mystcont.htm
これが、彼の書いた初めてのケムトレイル陰謀説でした。


その記事がきっかけで、ウィリアム・トーマスは、深夜の人気番組、アートベル・ショー(コースト・トゥ・コーストAM)にゲストとして出演することになりました。


アートベル・ショーとは、アート・ベル氏がホストを務めるラジオ番組で、扱っているジャンルは、いわゆるオカルトでした。
エイリアン、心霊現象、世界の陰謀、超常現象、などについて、リスナーの体験談をまじえ、その道の「専門家」をゲストに招いて、アート・ベル氏と徹底討論する、という内容だったようです。

今現在も、深夜という時間帯にもかかわらず、毎晩450万人ものリスナーを集める人気番組であるようです。
 http://www.coasttocoastam.com/


この、全米ネットのラジオ番組で放送されたことで、「ケムトレイル」という言葉はウイルスのように急速に広がって行きました。
そして、ウイリアム・トーマスは、アート・ベル・ショーに招かれた中でも、もっとも人気の有るゲストの一人となりました。
「消えない飛行機雲」を見た多数のリスナーからの電話報告も、この陰謀説に説得力を与えました。


その後、何事もなくミレニアムを迎えてほっとしていたのもつかの間、
決定的な出来事が起こります。
2001年9月11日に発生した、9・11同時多発テロ
航空機による空からの攻撃。
これが、米国のケムトレイル信者の心に深く根を下ろしたであろうことは、間違いありません。
航空機=恐怖  という感情が刷り込まれたのです。

こうして、「ケムトレイル」という言葉は認知されるようになり、徐々に広がっていきました。          
                                                            次回へ続きます

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト「ケムトレイル陰謀論」が生まれたきっかけ  ウイリアム・トーマス編 

says... お久しぶりです。

Date:2014/08/03 04:27

 ようやく中国から米国へ戻って正常にネットが見れるようになりました。中国からはツイッターはもちろんの事、FC2ブログとYAHOOブログはすべて閲覧不能。ユーチューブも閲覧不能でした。数日して落ち着いたら私も久しぶりに記事をアップする予定です。

says... Re: お久しぶりです。

Date:2014/08/04 00:27

ホワイトファルコンさん、おかえりなさい!(^^)
やはり中国は閲覧不能なんですか。噂には聞いていましたが・・・・・
中国の空はどうでしたか?(中国には、ケムトレイル陰謀論を扇動する人はまだいないですよね?)
中国での生活の話なども、ツイッターで書いてくれるとうれしいです。
記事たのしみにしてますね。

says...

Date:2014/08/06 09:41

わかりやすくてとても良いですね
やはり陰謀論はデタラメですよね

says... Re: タイトルなし

Date:2014/08/10 07:18

ありがとうございます
これからもなるべく分かり易く文章を書くように心がけます
これからもよろしくお願いします。

says...

Date:2014/08/14 12:47

この秋に発売される 理科の探検(RikaTan)誌 はケムトレイルの嘘についても科学者の立場から書くことになったようです。
ケムトレイル陰謀論者 涙目 でしょうね。w
https://twitter.com/samakitakeo/status/499330949876703233

says... Re: タイトルなし

Date:2014/08/14 22:45

こんばんは
理科の探検、どんな切り口でケムトレイルを否定するのか大変楽しみですが、ケムトレイル信者の皆さんは「御用学者が権力側にカネを貰って書かされた記事」だと言い出すのは火を見るより明らかだと思います。
なので、残念ですが、涙目にはならないかと・・・・・
こういう本を買って読むのは、結局、陰謀論にもともと懐疑的な人、論理的思考が好きな人だけでしょうから・・・・
とはいえ、しっかりとした根拠を持って「ケムトレイル陰謀論」を否定しておくことは、これから興味を持つであろう若い世代のためにも必要なことだと思います。

says... 管理人のみ閲覧できます

Date:2015/12/27 16:15

このコメントは管理人のみ閲覧できます

says... Re: とても参考になります

Date:2016/01/03 19:30

さびさん、コメントありがとうございます!
あけましておめでとうございます 良いお年をお迎え下さい!


> ケムトレイルの話も、女性が延々と・・・

その方とはやり取りしたことがあるのですが、私はもうこりごりです。今はおもに集団ストーカー被害を訴えているようですが、その動画の方とは絶対に関わらない方がいいですよ (;^_^A 

当ブログ記事はすべてケムトレイルを否定する内容であるにも関わらず、画像の部分だけコピーし、ケムトレイルを肯定する画像として余所で使われていることを発見したことも何度もありました。意図的に情報を操作してくるのはケムトレイル信者側の方なのです。

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。