上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回記事 「ケムトレイル陰謀論」が生まれたきっかけ  ウイリアム・トーマス編 の続きです。
 http://contrail951.blog.fc2.com/blog-entry-48.html

前回記事では、「ケムトレイル陰謀論」を作り上げた主要な人物がウイリアム・トーマスであること、仮説そのものが間違っていたこと、90年代後半という、あの時代だからこそ成立した陰謀論であること、などをご紹介しました。
結局、「ハルマゲドン」も、「コンピュータ2000年問題」も起こらなかったのです。


今日は、ウイリアム・トーマスが1999年2月10日に、討論サイト上で仲間に出したメールを紹介します。
==============================
ジョン・ハメル氏へ
題名:すぐに隠れてください!

ジョン、頭上にたくさん飛行機雲が現われる時には、屋内に留まるように皆に教えてあげてください。
私はイギリス、BBCの写真を入手しました。
それは、突然の呼吸器疾患で亡くなった人の死体が入ったフリーザーを写したものでした。
BBCによると2週間で6000人が呼吸不全で亡くなった、ということです。

ここでは、人々は、まさに病気になっています。
アッシュヴィル、ノックスヴィル、ダラス、その他米国の都市は、先週の金曜日に酷い散布をされましたが、その後も継続して散布されています。
私は今朝、ルイジアナで発生した「ずっと治まらない咳」による「多くの死」の報告を受けました。

これは大変なことです。これは事実です。
全国至る所で、深刻な呼吸器疾患の患者がER(救急救命室)に溢れかえっているのを、私は確かめました。
医師はニューヨークタイムズに、「これはインフルエンザではない」と語りました。
インフルエンザをはるかに上回る速度で感染し、人々が死んでいるのです。

散布された後の、JP-8が検出された土壌サンプルの検査結果を私は持っています。
JP-8に含まれるニ臭化エチレンの使用は、環境保護庁によって禁止されているのですが・・・・・
(ニ臭化エチレンは発癌物質であり、これを少しでも吸入すると、呼吸器系を侵すという非常に有毒な物質です)

緊急事態警報です! ジョン、皆を批難させてください
これは避難訓練などではないのです。私のウエブサイトをチェックして下さい。
我々全員の幸運を祈ります。
 
ウイリアム・トーマス
==============================

このように、ウィリアム・トーマスは米国と英国で、ケムトレイルにより大勢が死亡したかのような話をネット上でヒステリックに展開していたのですが、このような事実はありませんでした。
1999年にイギリスで6000人もの死者が出た事実はありませんし、ルイジアナ州で呼吸器系感染症による死亡者数が非常に多かった、という事実もなかったのです。



 ケムトレイル・ビジネス

当時、ウィリアム・トーマスはウェブ上で、USANA(ユサナ)ブランドのビタミンをはじめ、各種サプリメントの販売・紹介をしていました。
ケムトレイルによって破壊される免疫系を復活させるのに有効なサプリメントとして。

2月といえば、インフルエンザをはじめ、咳をともなう風邪が猛威をふるう季節です。
激しく咳き込んでる人が周りに大勢いたとしたら、このメールの信憑性について疑うことなく信じてしまう人もいたことでしょう。

参照: wikipedea ユサナ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%82%B5%E3%83%8A 


そして、現在でも、ケムトレイル陰謀論者が推奨しているコロイド銀
コロイド銀とは、人体には害を及ぼさない、天然の抗生物質であり、強力な殺菌効果を持つため何にでも効くと謳われているサプリメントで、ケムトレイル散布による健康被害対策として、ウィリアム・トーマスなどのケムトレイル扇動家によってさかんに宣伝されていました。
 (注: コロイドシルバー、コロイダルシルバー、銀コロイド、と記載しているサイトもあります)
もちろんこれも、彼のサイトで紹介されていました。

picture_2.jpg
    ただ、本当に人体に無害かというとそうではなく、
    継続して服用すると銀皮症という、
    顔が青黒く変色する副作用があります。
    
    しかもこの症状は一生消えないのです。


参照: 皮膚が永遠に青くなるサプリメント『コロイダルシルバー』



カンパの要求―真実の追求のために―

さらにウイリアム・トーマスは、ケムトレイルを証明するための土壌サンプリング費用として、多額の寄付の要求をしていました。(一説によると20000ドル、約200万円)
しかし、その後、土壌サンプリングが適切に行われ、結果が公開されたという話は一切ありません

また、ケムトレイルTシャツの売り上げの一部が、ウイリアム・トーマスの活動のための寄付になるという仕組みもありました。
参照: http://web.archive.org/web/20000817011330/azwest.net/user/slim/
 (このサイトは、今日本で騒がれている陰謀論コンテンツのほぼすべてが既に網羅されています)

上記の参照アーカイブ中にその記述があるのですが、見つけにくいので切り貼りしておきます。
Tシャツ
Tシャツを一枚買うと、自動的に5ドルがウイリアム・トーマスへ寄付される、ということです。



 “騙されやすいカモは毎分生まれてくる”

上記は、バーナムの法則といわれる、19世紀アメリカの興行師、フィニアス・テイラー・バーナムが残した名言です。

明らかにおかしな話であっても、騙されて詐欺に遭う人は、世界中の至る所に存在します。
身近な例として、これだけ大々的に注意喚起が行われても、オレオレ詐欺に遭う老人が一向に後を絶たないことからも頷けますね。
まさに詐欺師にとってのカモは「毎分」生まれているのです。

ケムトレイルの場合で考えて見ましょう。
読者にとって、ウイリアム・トーマスなどの活動家は、悪の組織と戦う正義のヒーローとして映ります。
したがって、情報そのものが間違っているのでは?と疑うこと自体、正義のヒーローを貶めることになるので、ソースをいちいちチェックすることもなく、スルッと信じてしまうのです。

一度信じてしまうと、信じた情報を補足・裏付けする情報ばかり探すようになります。
そして、その情報を通じて出会った共感する仲間が増えると共に、自分も戦いに参加しているような気持ちになり、一層強固に“正しい側にいる”と思うようになります。


当ブログを攻撃してくる方も、大抵はそのような人ですが、中にはそうでない人もいます。
それは、ビジネスに繋げる人です。


はっきり言いますが、ケムトレイルなどという陰謀論を扇動している有名人活動家の目的は、カネです。
落ち目のジャーナリスト、干されたタレントが生きていくには、このようなネタが必要なのです。
恐怖ネタほど大衆の興味を引くものはありません

恐怖を煽るだけ煽っておいて、我こそは正義の味方と信じ込ませて物品を購入させるのです。

・「真実」を知るための本、DVD
・足を運んだ人だけが知ることが出来る「真実」を聞くための講演会チケット
・ケムトレイルに負けない体を作るサプリメント


そして、個人が巨大な悪の組織と戦うためには皆さんからのカンパが必要ですなどと、寄付を募ります。
全くやましい所がなければ、寄付されたお金をどう使ったか、収支報告がなされるはずです。
寄付を募っているが、きちんと収支報告がなされていないサイトに寄付するのは絶対にやめましょう。

デマだろうが何だろうが、食っていくためには何でもやる、というのが詐欺師です。
詐欺師は至る所で“騙されやすいカモ”を探し、罠を仕掛けてきます。

詐欺師を撲滅するには、我々が、騙されないように知恵をつけるしかないのです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトケムトレイル・・・それは一人の男の妄想から広まった

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。