上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は、飛行機が作る広告のお話です。

現代社会は、広告の氾濫時代といえましょうか。 
駅、通り、電信柱、テレビ、インターネット・・・いたる所に広告があふれています。
そこで、広告マンは考えた。
人々の度肝を抜き、永遠に記憶に残る、そんな広告手法はないだろうかと・・・
ふと、視線を上に向けてみた。
そうか、青空という、未開拓の場所があるじゃないか!


333.jpg

だがしかし、それを見て、ただただ不気味に、不安を覚える人もいるのだった。
そんな気持ちになったブロガーさんの記事を紹介します。

黄金の金玉を知らないか?  謎の飛行機雲アートについて
飄(つむじ風)           銀座の上空に333の文字-ケムトレイルのアート(?)だろう!!

【以下、飄(つむじ風)ブログより転載】

何かを言いたいのであろう。どうせ、誇示の一つであろうが、誇示するなら判りやすく、持って回ったやる方をするな、と言いたい。どうせ、仲間内のシグナルか、誇示の類であろう。何かを企んでいることだけは、警戒しておいた方がよいだろう。

【以上、転載終了】


ということで、空中広告を見た人がケムトレイルを信じている場合、限りない恐怖を抱いてしまうこともある訳です。

が、、、恐怖に駆られる必要は全くありません。
333の文字は、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の宣伝広告だったのですから。

 〈参考〉 東京上空に“333”の文字「ALWAYS」キャストも大喜び


自衛隊の航空ショーを見たことがある方ならご存じでしょう。
333は・・・ブルーインパルスのアクロバット飛行と同じ手法です。
アメリカでは、スカイライティングと言われています。

似たようなものですが、一本の線でつながっていないドット状(点)で表現されたものは、
スカイタイピングと言われています。
飄(つむじ風)ブログで、スカイタイピングの動画が紹介されていましたね。

スカイタイピングについては、後ほど、記事にします。


と、ここまで書いてきて・・・
「で、その煙の成分は、飛行機雲と同じじゃないだろ!」
「何撒いてんだよ!」

という声が聞こえてきそうですね。

何を使って、文字を書いているかというと・・・
はい、それはスピンドルオイルです。

高温のエンジン排気に、スピンドルオイルを噴射させることで、スモークを発生させています。
ブルーインパルス機を良く観察すると、機体右後部にスモーク噴射用ノズルがあるのが分かると思います。

自衛隊の基地祭などで、ブルーインパルスが登場したら、よく見学してみてくださいね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト謎の飛行機雲 ケムトレイルアート?

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。